FC2ブログ

姨捨駅



山が見えてきた






新幹線は





長野駅に到着です





綺麗に生まれ変わった長野駅
と言っても
昔の駅を知りませんが・・・






ここからSuicaが使えない
ワンマン列車に乗車です





バスみたいな運賃箱





降りるときは
ボタンを押してドアを開けます





車掌さんのいない列車って
初めて乗るかも

うん?
ゆりかもめは運転手さんもいないね






いよいよ姨捨(おばすて)





ボタンを押して
無事降りることができましたよ






姨捨駅はホームからの眺めが良いので
ベンチは線路と反対側を向いているんですね〜




右下クリックで大きくなりますよ
駅からは
こんな風景が楽しめます





実際の眺めはこんな感じですね





棚田があるのが見えます
姨捨の棚田は有名らしいですよ

特に満月の夜
水を張ったばかりの棚田に映る
月が見事なんだそうですよ






この風景を見ながら
一句浮かんだら
この投句箱が活用できるんですね〜

トークが下手なので
投句はやめておきます






さて駅を
もうちょっと見てみます




右下クリックで大きくなりますよ
今、乗って来たけど
説明を読むと
ワンマン列車って乗り方が難しそう






この駅から乗ったっていう
証明書が必要なんですね〜





右下クリックで大きくなりますよ
姨捨にまつわるこんな話
敬老の日にピッタリかな

 





懐かしいだるまストーブ





ちなみに姨捨駅は
スイッチバックのある駅なんですよ





左側の線路から
右側の線路へジブザクに登ります





振り返ると
姨捨駅が高い場所にあるのがわかりますね〜





そして姨捨を散策して数時間後
帰りは4両編成で
車掌さんのいる列車





女性の車掌さんから
こんな切符を買ったのでした





9月15日、秋を感じる
JR篠ノ井線でした



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

takeshiさん♪
お久しぶりです〜。
高速道の姨捨SAからも良い眺めのようですね。
最近、長距離のドライブをしていないので
この辺りまで車で来ることが少なくなりましたが
機会があったら姨捨SAに寄ってみたくなりました

No title

ご無沙汰しておりました。
姨捨駅で下りられるなんてツウですよ。
高速道の姨捨SAからとはまた違う眺めでいいですね。

No title

ワンコさん♪
お〜っ!!!
ご主人の夢、正夢になるかも知れませんね〜。
冗談ですよ。
仲が良いってことですね。
ワンコ夫妻、楽しいなぁ

No title

主人が、私をおぶって山に捨てに行く、という夢を見たけど、逆に私に突き落とされて死んでしまったらしくて、お前はたいしたヤツだよと言いました。
きっとTVを見て影響を受け、夢を見たのかもしれませんが、ひどいと思いませんか?

No title

シンチさん♪
観光客も少なく、ホッとする景色でしたよ。
はい、次は。。。。の写真に行きたいですね〜

No title

気持ちの良く成る景色ですね。
空気が、美味そうです。
写真もきれいですね。
後は、。。。。の写真ですね。

No title

みやぎ猫さん♪
おはようございます
「うば」と「おば」の違いって何なんでしょうね。
僕も棚田に映った満月を見てみたいですよ〜
すごく幻想的なんでしょうね。
その頃までに俳句の腕をみがいて投句したいなぁ



ウエリバさん♪
どこも行ってないですよ。
やっと信州に行ってブログネタができました。
地名の漢字は読めませんね〜。
地名と人名はすべてカナをふって欲しいです。
そうそう、駅はどんどん綺麗になってしまいます。
自動改札なんかができちゃうと
昔のまんまって難しいのかもですね〜。
篠ノ井線の駅は自動改札じゃないけど・・・



のぞみさん♪
おはようございます
いろんな所に電車で行くさすがののぞみさんも
ワンマン列車は経験ないですかぁ。
だるまストーブを見たら、冬の積雪はすごいのかなぁって
僕も思いましたよ

No title

マーさん♪
おはようございます〜
「楢山節考」僕も見ましたよ。
映画館ではなくテレビでしたが・・・
お互い姨捨の制度がある時代じゃなくて
良かったですね〜



根室大喜さん♪
貧しい時代は、すごく親不孝なことだけど
仕方がなかったのかも知れませんね。
僕も周囲に世話をかける前に
消え去りたい〜



さくらんぼさん♪
おはようございます
僕も姨捨駅は初めて知りました。
とても見晴らしの良い駅でしたよ。
ウバステとオバステ、同じことなんだと思いますが
違うのかなぁ。

箱根登山鉄道にもスイッチバックがありますね。
ワンマン列車って日常、使ってないので悩みます〜

No title

こんばんは(。◠‿◠。)♡

色々な電車に乗ったことがあるけれど、ワンマン列車はないわ~このストーブを使う頃は駅周辺は積雪が凄そうですね。
(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))ナイス!凸ポチッ♪

No title

あら´∀`) はぴわんこ どっか行ってるなーと思ったら

国内でしたか( ^▽^) 月か火星くらいに旅行してよ←なんでじゃw

で、長野。
漢字読めないところ。

小奇麗ですね。 田舎って感じがしない´∀`)┌ な
「24時間テレビ」で、駅がリフォーム されてたけど
鉄オタ「元に戻せ」
っていうの 気持ちは分かる気がする´∀`)

No title

こんばんは~♪

実は私も「うばすて」と呼んでしまいました!
うばとおば何が違うのかなあ

満月の写った棚田見てみたいです
きれいてしょうね!
私も一句浮かびません!

No title

こんばんは

長野に行かれたのですね
姨捨駅って初めて知りました
ウバステの話のところなのかしら~
のどかな景色でベンチに座ってのんびり出来そうですね

スイッチバックは確か箱根鉄道もそうだったような気がします
ワンマン電車~無事にできて良かったですね(笑)
ナイス

No title

姨捨って、理にかなった風習やった気がします^^)アタイも世話かけんようにしたい

No title

imanamさん♪
姨捨、読めないですよね〜。
僕は最初、「ウバステ」だと思っていました。
「ウバステ」は「姥捨」なんですよね。
姨捨山の話と姥捨山の話がありますが、どちらも似た話ですね。
手動でドアを開ける電車、むか〜し、乗ったことがあるのですが
久しぶりだったので戸惑いましたよ



レンさん♪
特に素晴らしい観光地ってわけではありませんが
のんびりできる風景を楽しんできました。
田植えが始まる頃の棚田はきっと綺麗でしょうね。
僕もそんな月が見られる棚田を見てみたいです



くみっぺさん♪
JR篠ノ井線、初めて乗りましたが
風景もよく、とても良い鉄道でした。
新幹線ができてから、我が家でも
中央線で長野方面には行かなくなりましたよ。
姨捨の棚田、ずっと斜面なので
ちょっとした山登りです。
足腰が丈夫なうちに行って正解でした

No title

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
姥捨駅…姥捨と聞くと「楢山節考」と言う映画があったような…
もしもマーがその時代に生まれて年老いていたら、数年後には捨てられる運命か??(・∀・) ☆彡

No title

ほのかさん♪
こんにちは〜
乗り慣れないワンマン列車、
無事に降りるまでは
なんとなく気持ちがソワソワしてしまいます。
昔の老人は虐待されていたんですね〜。
今の60歳、まだまだ老人ではないですよね。
姨捨の制度がある時代に生まれなくてホッとしています



naimasaさん♪
棚田の向こうに見える川は千曲川だそうです。
盆地に広がる家々の明かりを見に夜もここへ来たんですよ。
この辺りを出張で通ったことがあるんですね。
良い思い出がありますね〜



メグおばちゃんさん♪
歳のせいか、長距離の運転は疲れるようになったので
最近は鉄道の旅が多くなりました。
ワンマン列車は乗り方が迷いますよ〜

No title

yuyunekotaさん♪
葛飾時間のこんにちは〜
この駅の敬老の日は
お爺ちゃん、お婆ちゃんで
賑わっていたかもですね〜



たろうさん♪
こんにちは〜
信州、二日間しかいなかったので
人生は変わりませんでしたが
住んだら変わりそうですよ。
でも、爺捨されちゃうかなぁ。
姥捨はウバステ、姨捨はオバステ、
意味はどう違うんでしょうね。
僕も「楢山節考」、映画館ではなく
テレビで見ましたよ。
緒形拳さん、まだ生きていましたね〜



ガーデンさん♪
長野駅の「MIDORI」は楽しめますね〜。
帰りの新幹線待ちで時間をつぶすことができましたよ。
姨捨は人も少なくてのんびりした風景を楽しめました。
姨捨だけじゃなく、今の季節、信州は
コスモスがたくさん咲いていましたよ。
箱根登山鉄道もスイッチバックありますね〜

No title

JR篠ノ井線乗りたい電車でした。
ぱぴわんさんの写真見ていたらすぐにでも大宮駅から乗り込んで⇒長野駅まで
何時もは駅から10分ほど歩いてバス停へ
白馬・栂池方面へ向かいます。
中央線使うよりわが家からだと便利なので。
八方尾根もこちらから廻って行きました。
姨捨の棚田も行きたいです
とっても素敵なブログで楽しませて頂きました

No title

まことにホッとするロケーションですね
満月が映る棚田も見てみたいなぁ~

No title

・姨捨駅。んっ?なんて読むんだ・・・?って、思ったら、おばすてなんですね。
↑みなさん、フツーに読まれてますね。読めなかったのは、僕だけ・・・?(笑)
姨捨山の話ね・・・。ここだったんですね・・・。
あと、手動での扉開閉の電車ってのが驚き。スゴいですね・・・。