FC2ブログ

迎賓館



よく晴れた1月6日
迎賓館に行って来ました






大勢の人で
スゴいことになっているかと思ったら





超が付くくらい空いていましたよ






警備の人も拍子抜けだったようです





お正月だから
空いていたのかなぁ





おかげで
人を入れずに写真が撮れました





ここは
紀州徳川家の江戸中屋敷があったところ





明治32年に着工
明治42年に東宮御所として完成したそうですよ





明治生まれの人って
もう、ほとんどいないでしょうね〜





一時期、昭和天皇や現在の天皇陛下も
お住まいになられたようですが





国会図書館、内閣法制局など
国会や行政の機関に使用されたようです





その後、昭和43年から改修工事を始め





迎賓館赤坂離宮として
昭和49年に完成したんですね〜





さて、本館内部は撮影禁止





空港みたいな荷物検査があり





こんなバッジをつけて見学です





中の様子は豪華絢爛
天井から床までお金をかけたものばかり






僕には縁のない世界が待っていました






中の様子を見てみたい方は
内閣府ホームページの
こちらからどうぞ
それぞれの写真をクリックすると
大きな画像で見られますよ







僕の下手な説明より
こちらの7分37秒の説明の方がわかりやすいかなぁ







さて和風別館・心亭

こちらは20名のツアー形式なのですが
7名欠席の13名での見学でしたよ

僕以外全員女性

男性はガイドの人と
僕と警備員さんだけ






残念ながら建物内部は撮影禁止です

中の様子を見てみたい方は
9分20秒の
政府インターネットテレビを見てね







邸内で飾られる盆栽
邸内にある時は撮影できないけど
ここならOKですね〜






和風別館の庭園から見る本館





前庭から見る本館





本館前から見る飛行機雲






何から何まで高級品





宝くじ当てても





こんな家は建てられないなぁ





しかし





ベルサイユ宮殿の方がもっと凄いとか





上には上があるもんですね〜





警備員のための建物らしいです





こちらは警備員の雨宿り用の建物かな





豪華なものをたくさん見られて





とてもリッチな気分になれた
はぴわんでございます






仕事を怠けて「イイ身分だこと」と言われないで
本物のイイ身分になりたいものですねぇ


関連記事

コメント

非公開コメント

No title


runrunさん♪
天皇陛下もお住まいになっていたようですが
住むのには適していない建物のようで
少しの間だけだったそうです。
どんな国賓がみえてもOKの迎賓館です。
宿泊できる部屋もありましたよ〜

No title

流石、豪華絢爛。
天皇も住まわれていたことがあるのですか。

これだけ素晴らしかったら、どんな方が来られても堂々と接待出来ますね。
良かった(*≧∀≦)

ぽち☆・゚

No title


ロゼさん♪
おはようございます〜
探検バクモンで迎賓館を放送していたことがあるんですね。
残念ながら僕は観ていませんでした。
本当に何から何まで豪華な建物でした。
こりゃ国宝にしないわけがありませんよ〜




シンチさん♪
はい、スゴイ建物でした。
アラブの富豪と仲良くなって
ぜひ、この迎賓館より豪華絢爛な
シンチ宮殿を建ててくださいね〜

No title

凄い所ですね。
鹿児島・宮崎には、豪華な建物は有りません。
なら作るしか無いか。
コツコツと。

No title

こんばんは~

迎賓館は、外観を見ているだけでも圧巻ですね~☆
ネオバロック様式の建物が美しい。
流石、国宝~♪
建物内部の様子、以前に探検バクモンで見ましたよ~~
煌びやかで豪華な夢の世界でしたね。(^_^)

No title


ほのかさん♪
こんばんは〜★
なんとなく、豪華そうな建物ってことは知っていましたが
行ってみたら本当に豪華でビックリしました。
目の保養だけで十分満足しましたよ




みやぎ猫さん♪
こんばんは〜★
迎賓館、海外の偉い人が来た時などにテレビで見るぐらいですね。
気分だけでも豪華さを味わえました。
超混雑を覚悟していたのですが
警備員さんも不思議がっているくらい
この日は空いていましたよ。
きっと来年の1月6日も空いていますよ

No title


imanamさん♪
昨年4月から一般公開されたようです。
いやぁ、本当にお金がかかってます。
修復にもお金がかかるそうですよ。
国賓を迎えるにはしかたがないですね




のぞみさん♪
本館の主庭だけなら
1月31日(火)(毎週水曜日を除く)まで予約なしで大丈夫のようですよ。
建物内に入るのには事前の予約が必要です。
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/koukai.html
ぜひ行ってみてくださいね〜




takeshiさん♪
昨年4月から一般人も入れるようになったみたいです。
はい、僕は一般庶民ではなく一般変人です〜
豪華な建物内を撮影できなかったのが残念です

No title

こんばんは~♪

迎賓館へ行かれたんですね~!
テレビでしか見たことありません
豪華な気分味わいたいです~!
混んでる映像しか見てないので、、
お正月が狙い目なんですね
じゃ、来年には~(笑)

No title

こんばんは~
凄い建物ですね~
豪華で、一般庶民には縁の無い所見たいですが、
見ている間だけでも、豪華な気分になれたらいいですね。

No title

迎賓館って一般庶民でも入ることができるんですね。
あ、はぴわんさんは一般庶民ではなかった…ですね(笑)
写真を見ているだけでリッチな気分になりました!

No title

こんにちは🎵
予約なしで見学できるのですか?
人を入れずに撮影できるのはラッキーですね。

No title

・迎賓館。今、入れるんですね。しかし、お金かかってるな・・・。って、
感じですね。まぁ、国賓が来るところですからね・・・。
一般庶民には、全く関係のない世界ですね・・・。

No title


ガーデンさん♪
お姫様気分になれる建物のせいか
女性見学者が圧倒的に多かったです。
イイ身分、よく考えてみたらストレスが多そうですね〜。
僕は一般庶民で幸せだと思うことにしました〜




マーさん♪
おはようございます〜
昨年4月から一般公開されているみたいですよ。
京都の迎賓館も感動ものでしょうね。
撮影禁止なのでしっかり目に焼き付けたかったのですが
記憶力の低下が著しいので、すぐに忘れそうです。
良い身分になってみたいですが
僕はある意味、すでに良い身分なんです〜




たろうさん♪
おはようございます〜
建物の外見も噴水も立派ですが
内装は床も壁も天井もドアノブにいたるまで
何から何まで凄かったですよ〜。
東京に来ることがあったらぜひ見学してみてくださいね〜

No title


完熟とまとさん♪
おはようございます〜
明治時代は裸足で歩いていた国民が多い貧しい日本でしたが
国の威信をかけて建てたものだったんでしょうね。
内装はとても豪華、目の保養になりましたよ




nakabayashiさん♪
おはようございます〜
昨年4月から一般の人も見学できるようになったらしいです。
凄い混雑と聞いていたので覚悟していたのですが
見学はゆっくりと楽しめました




ひろたんさん♪
目の保養だけで十分です。
住むには落ち着かないでしょうね。
天皇もわずかの期間しか住んでいなかったようですよ。
和風別邸の方がゆっくり過ごせそうな建物でした

No title


ピップさん♪
四谷から歩いて行ける日本のベルサイユ宮殿です。
外は誰でも見ることができるみたいですが
インターネットで申し込めば中も見られますよ。
見学者は圧倒的に女性が多いです。
ピップさんもぜひマダム達と見学してきてくださいね〜




ワンコさん♪
は〜い、一般庶民にはまったく縁のない豪華な造りです。
ぜひ、ワンコさんも別世界を味わってきてください。
いつもは凄く混雑しているようですが
ラッキーにも空いていて優雅な気持で見学できました




ウエリバさん♪
ぜひ、ここを貸切で新年会やってくださいね〜。
レポート楽しみだなぁ




根室大喜さん♪
迎賓館は暮らすのには向いてなさそうですよ。
天皇もすぐに住まいを替えたそうです

No title

おはようございます!
さすが迎賓館!
立派ですね~。
噴水もやっぱり必需品なかも!
中もさぞかし立派なんだろうなぁ~。
見たいなぁ~。
ナイス☆

No title

こんばんは!(。・▽・)ノ
迎賓館、一般公開されているんですね~一度は拝見したいものですよ!
そうそう、京都の迎賓館も一般公開されているので、先ずはこちらから~かな^^ Nice☆彡
良い身分かあ…なってみたいよね^^;

No title

西洋風の素敵な建造物にウットリです
私もイイ身分を夢みましたが、年末ジャンボが見事に外れたので、またいつも通りの庶民から頑張ろうと思います

No title

いい目の保養をなさいましたね。
わたしには別世界です。
もし、ここに住むとしたら広すぎて
落ち着かないから、中に小さな部屋を
作るでしょう。6畳ぐらいが一番落ち着く
ひろたんです。

No title

こんばんは~
迎賓館へは一般人も入れるんですね~! 初めて知りました。
欧風の立派な建物、見ごたえも十分ですね。
私も一度訪ねてみたくなりました。