FC2ブログ

薬種商の館



富山と言えば薬も有名ですね





はぴわん公
富山旅行最後の視察は







薬種商の館 金岡邸です





昔、全国に薬を売りに歩いていた
越中富山の薬売りは





僕がチビの頃も年に2回ほど
家に来ていましたよ





なのでこんな薬箱が
僕んちにあったなぁ





柳行李と言われる
このような箱で来ていたかどうかは
記憶にありませんが





こんな紙風船をもらって





ウキャウキャ喜んでいた記憶があります






昔の薬のラベル





う〜ん、覚えているものがないなぁ

あっ、「救命丸」って名前は知ってるぞ





「トンプク」も懐かしい名前

「じつぼさん」って母がよく飲んでいたけど
こんな字だったんだなぁ





廊下も畳が敷いてある大きな屋敷





昔の波うったガラスが良いですね〜






電灯の笠もレトロでイイ感じ





こんな窓もステキだね





昔はこんなカギだったなぁ

こりゃぁ空き巣が入りやすいわけだ

僕んちは泥棒さんに入られたことはないけどね

何も盗まれるものがなかったし・・・

それとも
昔から日本人は悪いことをする人が
少なかったのかなぁ






薬研(やげん)ですね

薬の材料を細かく粉にするためのもの

岐阜のくすり博物館にもあったので知ってるんですよ






らんびき

蒸留するための器具ですね〜

ウィスキーも作れるかなぁ






この印籠が目に入らぬか

じゃなくて
腹痛に苦しんでる福島県の藩主に
富山藩の藩主が薬を与えようとしているところらしい











これで富山ネタはおしまい





あれっ?
遠い昔、チビの頃に見たような建物?
気のせいかな?



おまけ



こちらでもらった
パンフレットに紙風船がついていました





チビの頃を思い出して
膨らませてみたのでした



関連記事

コメント

非公開コメント

No title


みやぎ猫さん♪
こんばんは〜★
富山の薬売りは若いみやぎ猫さんも知ってましたかぁ。
じっさいに薬売りの人には会ったことないんでしょうね。
昔はかならず、膨らますとサイコロみたいな形になる
紙風船を置いていってくれました。
昔の日本家屋、良いですよね。
でも、子どもの頃、田舎の古い家に泊まったことがありますが
夜寝ると天井が怖かったなぁ

No title

こんばんは~♪

富山の薬売りは有名ですね
今もあるみたいでびっくりです!
最後の紙風船可愛いです♪

レトロな日本の家屋は見どころ満載ですね
畳の廊下って贅沢ですね!

No title


のぞみさん♪
こんばんは〜★
こちらに行ったことあるんですね。
富山、良い所がたくさんありますね




マーさん♪
こんばんは〜★
マーさんもちっちゃい頃、富山の薬を飲んだことがあるんですね。
「だらすけ」「六神丸」って薬、覚えていませんが
「救心」って今でもCMで見ることがありますね

No title

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
富山の薬売り~私が幼少の頃祖母の家に、富山の薬があり、月に1回だったか補充しに来られていたようでした。
私が祖母の家で具合が悪くなるともらったお薬は…
「だらすけ」「六神丸」「救心」だったかな? 懐かしい…
ナイス☆彡

No title

おはようございます(。◠‿◠。)♡

随分前だけどここへは行った記憶がありますよ。
富山を満喫されましたね!
(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))ナイス!凸ポチッ♪

No title


runrunさん♪
波打ったガラスは、もう作ることはできないんですかぁ。
味があるのに残念です。
富山の薬売り、今でも来てくれているんですね。
薬局に行くのが面倒な人には良いのですが
ほとんど使わないんですよね。
一度お願いしちゃうと断りづらくなりますね〜

富山、とても良かったです。
また機会があったら行ってみたいですよ




リンさん♪
富山に行ったことがあるんですね。
次に行って時間があまったらぜひ立ち寄ってみてください。
昔のパッケージのレトロ感がたまりません。
紙風船もとても懐かしく楽しめました〜

No title

富山の薬、有名ですもんね~。
富山に行ったときに、立ち寄ればよかったです。

包み紙のレトロな感じが、とっても素敵です。
紙風船もかわいいですね。

いつかまた新幹線で行ってみたいです!

No title

立派なお屋敷ですね。
波打ったガラス、って味があって素敵ですけれど、
今は何故か作れないらしいですね。
富山の薬売り、実家には来てなかったのですけれど、
今の家に来ています。
夫が、「いいですよ」なんて言っちゃって。
殆ど使わないのですが、断りずらくて(^^;)
どうしたもんじゃろなあ

富山視察、レポ、お疲れさまでした(*^-^*)/
ぽち☆・゚

No title


ハリポンさん♪
おはようございます〜
最近のは透明のプラスチックケースなんですね。
そうそう、漢方薬の方が体に害がなさそうで
安心して使えますね。
昔の商品のパッケージって
原稿は手描きなので味がありますよね〜。
こんなカギ、今はあまり見かけませんね。
ガラスを割られて手を入れられたら
クルクル回せちゃうので
簡単に空き巣に入られちゃうんですよね〜
人形、苦手なんですかぁ。
我が家の息子は人形もそうですが
美術館にある人間の彫刻も怖がっています




ロゼさん♪
おはようございます〜
金岡邸にはまだまだいろんな資料があったんですよ。
本当に立派な屋敷でした。
庭も屋敷も掃除や手入れは大変そうです。
きっと何人もの人を雇っていたんでしょうね。
昔の薬のパッケージ、絵でどんな薬かわかりやすいですよね

No title


takeshiさん♪
ほかに廣貫堂さんと池田屋さんがあったんですかぁ。
知らなかったです。
やはり、takeshiさんの家にも
薬売りの人が来ていたんですね。
本当に全国に普及していたんですね〜




完熟とまとさん♪
おはようございます〜
ご実家ではまだ置き薬の交換する方が見えているんですね。
やっぱり、まだまだ全国に2万人以上の薬売りの人がいるって
本当だったんですね〜。
今は薬局が増えたし、なかなか置き薬は使わないんですよね。
やっと、富山ネタが終わりました。
また、のんびりとブログを書いていこうと思います

No title


シンチさん♪
鹿児島にも富山の薬売りさんが行ってたんですね。
お母さんにこの記事見せていただけるとは光栄です。
両親とか年配の人の話は
自分の知らない時代のことなのでとても面白いんですよね〜




nakabayashiさん♪
おはようございます〜
子どもの頃に来てくれた薬売りの人は
この人形のような服ではなく
すでに背広を着ていたような記憶がありますね




ワンコさん♪
今でも置き薬、あるようですね。
薬売りの方が何人ぐらいいるのか気になって調べてみました。
今でも2万人以上の人がいるようです。
そうそう、古い薬を交換してくれるので
この制度、とても良いと思うんだけど
結局、薬局で買ってきてしまうので
何も使わずに終わってしまうんですよね〜

No title

こんばんは~

貴重な資料が残っっている金岡邸、立派なお屋敷ですね~☆
ガラス窓から見えるお庭も、手入れが行き届いていそう。
お薬袋の絵は、子供用や婦人薬など種類が分かりやすいように考えられたものなのでしょうね。

No title

はぴわんさん・・こんばんは!

最近は透明のプラスチックケースに入れた置き薬ですね。。
昔ながらの漢方薬の方が身体にいいみたいなので
試してみたいと思いますね~

レトロな絵やロゴの薬袋も貴重ですね!
忘れていた戸締りのカギ・・すごく懐かしいです

人形はちょっと苦手ですけど(笑)

No title

今晩は!(^O^)/

置き薬って、今でもありますよ。
実家に置いていて、たまたま先日交換の人が来ていました。
ほとんど使っていないんですけどね。
(向かいは開業医なのです。)
薬屋さんの、引き出しがいっぱいの箪笥、独特で面白いですよね。
はぴわんさん、もしや富山に引っ越したのかしら?と思うほど、盛り沢山の富山ネタでしたね。

ナイス☆(*^^)v

No title

こちらも富山の薬売りの見学ができるんですね。
廣貫堂さんと池田屋さんだけだと思っていました…。
薬だけでなくて建物や昔の道具などもあって楽しいですね。
かなり昔ですが、私の家も置き薬があって薬売りの人が来ていましたよ。

No title

レトロですねー。
紙風船も宣伝たっぷりだけど子供の頃は楽しいおまけって感じですよね。
結構皆さん置き薬してたんですね。
今でも置き薬がありますよ。
使わなければ一銭もいらないし、古くなった薬は交換してくれるので安心ですよね。

No title

こんばんは~
薬種商の館 金岡邸を見学されたんですね。
懐かしい薬がたくさん展示されていたようですね。
子どもだった頃は、富山の薬売りさんが歩いてやってきていました。

No title

鹿児島でも有名ですよ。
母にこのブログ見せます。
必ず自慢げな顔すると思います。
何時経っても親には、かなわないですね。

No title


gooさん♪
トンプクはみなさん覚えているようですね。
赤玉って忘れてしまいました。
赤玉ポートワインなら今でも売っていますね。

はい、視察の領収書に交通費、どこで精算できるのか
きちっと精査してみようと思います〜




imanamさん♪
お婆ちゃん、素晴らしい家に住んでいたんですね。
この波うったガラス板はかなり高額なんだと思います。
カギはどの家もこんなカギでした〜



ぺろさん♪
こんにちは〜
お〜っ、千と千尋の神隠しにも
こんな小さな引き出しが並んだ棚がありましたね〜。
昔のデザインのパッケージ、
良いですよね〜




ガーデンさん♪
きっとおじいちゃんちにもあったと思いますよ。
調べてみたら富山の薬売りは江戸時代中頃から始まっているそうです。
なので、ご先祖様の時代からあったかも知れないですよ〜

No title


根室大喜さん♪
トンプク、何の薬か忘れましたが
忘れられない名前ですね〜




yuyunekotaさん♪
行商の人、全国を歩き回っていたんですね〜。
この仕事をしている人、何万人もいたのかも知れませんね




やっとかめさん♪
銭湯に行くとケロリンの桶があったけど
薬売りの人、ケロリンも置いて行ったかどうか覚えてないです。
ほとんどが苦い粉薬でしたね。
オブラートに包んで飲んでた記憶があります。
今でもこの仕事があるようですが、ホントたいへんな仕事だと思います




レンさん♪
こんにちは〜
昔はどの家にもこの箱があったんですね。
子供だったのでどこからどんな格好で来たのか覚えていないのですが
オマケの紙風船だけは嬉しかったので覚えています